HOME  >  リフォームのながれ

リフォームの流れ(工程)ご案内


リフォーム工程(工場見学)



羽毛工房のリフォームシステムは、お客様のお布団を1枚1枚丁寧にリフォームする安心のシステムです。

1枚ごとに作業を行いますので、他のお客様の羽毛が混ざることはありません。
リフォームの作業工程をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


1、おふとんお預かり(送って頂いたお布団が到着)
早速開けて、ふとんの検品を行います。ふとんにご住所、お名前を記入し、洗濯ネームを付けます。羽毛の吹き出しなどがあれば、その部分を縫製(ほうせい)等を行い洗浄(せんじょう)できる状態にします。


2、羽毛布団の洗浄・乾燥(せんじょう・かんそう)
羽毛布団を洗って乾かします。当店は丸洗い(羽毛を取り出さず洗う)が羽毛をいためず洗浄するのが良い方法と考えています。洗剤も羽毛に優しいものを使用し水洗いします。乾燥は羽毛にやさしく念入りに行います。

洗 濯

乾 燥


3、4、5、6、側生地から羽毛を取り出して、混ぜながら細かくなった羽毛の芯を取り分けて、新しい羽毛を足し、オゾンで菌を殺して臭いも抜きます。お客様名を確認、名札エフをとり込み袋に付けて、取り込み口に袋をぶら下げます。
羽毛布団の中の羽毛を取り出し、機械で羽毛をかき混ぜて羽毛を元気にします。リフォームご注文書にもとづき足し羽毛を投入し、さらににかき混ぜます。
羽毛を元気にする最後の作業として、オゾン殺菌消臭を行います。


解 体

撹拌(かくはん)

オゾン消臭殺菌

足し羽毛


7、羽毛取り込み
処理された羽毛を取り込みます。


8、側生地へ羽毛量を計算してます
とり込んだ羽毛を計量し、羽毛ふとん側生地のマス目数に対して、最良の羽毛の量を計算します。


9、羽毛を側生地に入れます
計算にもとづき羽毛をサイクロン装置で、最終不純物(ゴミ)を取り除きながら側生地に入れます。


10、投入口を縫います
羽毛を入れる口を縫います。


11、検品
縫い終わった羽毛布団の後、全体の検品を行います。


発送荷作り前に再度最終検品を行い、ご住所、お名前、リフォームご注文書を確認し、サンプル生地・羽毛を一緒に荷作りします。


12、リフォーム完了です。


13、お客様に発送

リフォームされたお客様の喜びのお言葉です。
今まで9年近く使用していたので、少し羽毛が出ていたり、カバーを掛けても汚れていた生地も新しい生地に生まれ変わって、ふかふかの新品に変身しました。
特に待ち望んでいた息子も大喜びで早速、今日からふかふかの羽毛布団で寝ています。